中学入試と不登校

小学校で不登校になってしまった子供が中学入試をするということは、よくあります。公立の小学校で不登校になってしまった場合、中学校にあがっても同じメンバーなので、行きづらくてそのまま不登校が続いてしまう可能性があるのです。そんな時、まったく違う中学校に行かせるために、中学入試をしたいと言う子供がいます。親がそれを応援する気持ちがあるのであれば、色々と手助けしてあげるようにしましょう。不登校であるということは、勉強に遅れも出てしまっている可能性があります。中学入試のための勉強もしなければいけません。塾のようにグループで勉強をするところは、不登校になっている子供には少し厳しい環境になってしまうので、出来れば個別指導の塾か、家庭教師を選ぶようにしましょう。根気強く、しっかりと指導してくれる先生を探すことが大切です。また、受験する中学校もしっかりと選ぶようにします。せっかく中学入試をしても学校があっていなかったために、通わなくなってしまうということがあるためです。そんなことにならないためにも、オープンスクールや文化祭など、実際にその学校のことがよくわかるイベントが行われている時に、学校を子供と一緒に訪れてみるようにします。楽しく過ごせそうな学校であるのか、教育方針などについても、しっかりと確かめておくようにしましょう。子供が行きたいと言う学校を受験させることが、とても大切です。不登校である場合は、中学入試の学校選びに気をつけるようにしましょう。