中学入試と星座

子供の教育のことは親にとって、いろいろと考えることが大きいものです。将来子どもに学歴をつけてもらいたいと中学入試をさせる親も多いです。中学入試をするには、まずは、中学入試専門の塾にいく必要があります。自分の子は頭がいいから塾はいらないといわれる人もいますが、中学入試の範囲はとても広く難易度も高いので、公立小学校レベルでは無理です。塾に入ると、国語、算数、理科、社会の科目を勉強していくことになりますが、どの科目もやることが多く大変です。その中でも理科が嫌いになってしまう子が多いです。たとえば、電流、天体、あたりで挫折してしまう子がいます。普段の生活の中でなじみがないという理由も大きいようrです。たとえば、星座などを覚えるのも、漠然と教科書をみていても頭に入らないというお子さんもいます。そんなときは夜、家族で星をみたり、プラネタリウムにいって星座を見てみるのもいいでしょう。さらに学習漫画を利用して普段から覚えたものを忘れないようにする努力も必要です。中学入試の勉強は子供がするものですが、子供だけに任せてはいけません。親も勉強のサポートや健康管理のこと、スケジュール管理をしっかりやることが中学入試を成功に導くことになります。家族で支えるという態度を子供にみせることで、精神的にも安心していられるからです。受験をやる子は、しっかりしているとはいえまだ子供です。それを親が理解しておくことが必要です。