中学入試の面接と親の服装

中学入試の主役はあくまでも子どもですが、親の出番が全くないというわけではありません。特に親子面接や保護者面接がある場合、子どもだけでなく親の服装も慎重に選ばなくてはなりません。試験官は保護者の格好からある程度家庭の様子を読み取ることができるのです。では、実際にどのような格好で臨むべきでしょうか。基本的には「清楚であること」「華美になりすぎないこと」「清潔感があること」を念頭に置きましょう。
母親はジャケットにスカートのスーツ、肌色ストッキングに黒のパンプスが基本となります。ジャケットの色は黒や紺、ベージュなどが無難でしょう。時折「フォーマルウェアだから」と喪服を着用する方もいますが、これは中学入試というシチュエーションを考えるとふさわしいとは言えません。校内でスリッパに履き替える場合、黒っぽいシンプルなものを用意しましょう。すっきりしたデザインの室内履きでも構いませんが、ヒールがコツコツ鳴るようなものは控えます。
父親は黒、ダークグレー、紺などの普段着用しているスーツで構いません。中のシャツは白や水色などが無難です。ネクタイは落ち着いたデザインやカラーのものを選びましょう。
両親ともに、スーツやジャケットにシワや汚れなどがないか、事前に確認しましょう。できればクリーニングに出しておくと安心です。足元も意外と見られていますので、靴を磨くのもお忘れなく。また、髪型も明るすぎるカラーリングや派手なパーマ、寝癖などがあったりしては良い印象を与えません。家を出る前に姿見で全身を確認して、自信を持って面接に臨めるようにしてください。