中学入試当日に適した服について

面接のある中学入試の場合、服装選びも重要なポイントとなります。
子どもの服装は、小学校で指定の制服がある場合はそれを着用するのが基本です。もちろん、着崩したり汚れたまま着用することはもってのほか。規定に沿ってきちんと着こなしましょう。
制服がない場合、基本的には清楚である程度フォーマルであれば合否に左右されることはないと言われています。しかし、安心して面接を受けられるようにするためにも、それなりの服装で臨みましょう。男子は黒や紺のジャケットに同色のパンツ、白いシャツ、ネクタイといったスタイルが一般的です。学校によってはベストやセーターでもそれほど浮かないようですが、少しでも不安が残るようであれば避けた方が無難でしょう。女子はやはり黒や紺のジャケット、下はここ数年はチェック柄のプリーツスカートが増えています。丈は膝丈が最も上品に見えます。卒業式でも着られるような清楚なセットアップを選ぶ子が多いようです。ブラウスはやはり白の丸襟が多くなっています。男女ともに靴は黒や茶のローファーが無難です。履きなれていない靴は靴擦れを起こすことがあるので、必ずしも新品でなくても構いません。しかし、綺麗に磨いておくことをお忘れなく。
保護者については、とにかく無難であることが肝心です。中学入試はあくまでも子どもが主役です。保護者が目立つ必要はありません。むしろ、あまりに華美だったり一目でブランド物とわかるような服装をして悪目立ちしてしまっては逆効果です。紺や黒のフォーマルなスーツで、清楚にまとめましょう。