中学入試における計算の重要性

中学入試において算数や理科などでは欠かせない計算ですが、実は以外に苦手にしている受験生が多いのです。彼らのうちの多くは、計算は自分は苦手だから、とかどれだけ練習しても早くならないなどといった理由で苦手意識を持っているケースがよく見受けられます。確かに向き、不向きが顕著にあらわれる分野ではあるのですが、中学入試の突破ということを念頭に置いたときに、やはり計算問題は避けては通ることはできません。というのも算数や理科では当たり前のように大量の計算を進めながらひとつの答えを出さなければなりません。ここで躓いていては中学入試の合格は見えてこないのです。そこでこの計算問題との向き合い方を考え、少しでも速く、かつ正確にする方法をご紹介します。
まずはじめの段階は、速くしようという考え方を捨ててください。それよりも正確にすることに重点を置くのです。いくら速くできたとしても答えが間違っていれば何にもなりません。
またその次に重要なことは筆算と暗算のバランスを見直すことです。苦手な子の多くは、常に筆算に頼る傾向があります。しかしこれでは答えを出すのに時間がかかりすぎるし、いつまでたっても頭の中ですばやく行うことができないのです。そこで少々複雑なものでも、普段から暗算で答えを出すように心がけてみると試験本番で落ち着いてできるようになります。
以上のポイントをおさえれば、必ず速く、正確に計算ができるようになることでしょう。